150906%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・レイアップシュートを決めるPF池嶋(人3)>

 9月6日、京都産業大学にて平成27年度関西学生バスケットボールリーグ戦1次リーグ第4戦が行われた。ホームコートとなる京産大との対戦。徐々に広げられた点差を追い上げ切れず、52ー59で関学の敗北となった。
 シュートが決まらない関学に対し、着実に得点を重ねた京産大。第2Q(クオーター)終盤、流れをつかみかけるも前半を12点ビハインドで終えた。後半でもシュートが決まらない関学。じわじわと追い上げをはかるも一歩届かず、悔しい黒星となった。
 現在関学は2勝2敗。次戦は、来週12日、金岡公園体育館にて14時20分より立命大との第5戦が行われる。

  1 2 3 4
関学 7 12 15 18 52
京産大 13 18 13 15 59

試合後のコメント
主将PG渡邊翔太(人4)「悔しいの一言。反省するところを反省して切り替える。応援してくれたみんなのために勝利で応える。まず来週の2勝に向けてがんばっていく」

このページの先頭へ