150919%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・2点差まで追い上げ、喜びを見せる選手たち>

 9月19日、関西外国語大学片鉾キャンパス総合体育館にて平成27年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦1次リーグ第5戦が行われた。関学は天理大に68ー76で惜敗した。
 第1Q(クオーター)途中から相手ペースにのまれ、前半を35ー43で折り返す。その後も関学のシュートはリングに嫌われ、流れをつかむことができない。最終Qで2点差まで追い上げるも、68ー76で敗れた。リーグ戦通算成績を2勝3敗とした。次戦はあす20日、同会場にて11時より関外大と対戦する。

  1 2 3 4
関学 23 12 15 18 68
天理大 19 24 15 18 76

試合後のコメント
主将PG石倉いずみ(文4)「敗因は確実に気の緩み。先週の試合では強豪相手に互角に戦うことができて、油断してしまったのだと思う。自分はあすいないが、4年生が中心となりチームを引っ張っていってほしい」

このページの先頭へ