151004%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・リバウンドと得点でダブルダブルを達成したPF池嶋(人3)>

 10月4日、大阪府立門真スポーツセンターにて平成27年度関西学生バスケットボールリーグ戦2次リーグ第1戦が行われた。1次リーグでは2点差で惜敗した同大にリベンジを図るも、68ー77と借りは返せなかった。立ち上がりから一進一退となるも関学がディフェンスから流れをつかみ、7点リードで後半へ折り返す。だが後半から勢いにのった同大を抑えきれず逆転を許し、最終Q(クオーター)も反撃はならず、再び同大に敗北となった。
 現在関学は3勝7敗。次戦は、10月11日11時より天理大学にて流科大との2次リーグ第2 戦が行われる。

  1 2 3 4
関学 23 14 12 19 68
同大 19 11 28 19 77

試合後のコメント
主将PG渡邊翔太(人4)「きょうの結果をしっかりと受け止め、どうやったら勝てるのか、どうやって後輩たちを1部に残すのかをこの1週間考える。それを意識して練習する。次戦は内容も大事だが結果を重視したい」

このページの先頭へ