160424%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E7%94%B7%E5%AD%90%20%281%29.jpg
<写真・ハッスルプレーで流れを呼び寄せたPF池嶋(人4)>
 4月24日、近畿大学記念会館にて第43回関西学生バスケットボール選手権大会4回戦が行われた。関学は2部リーグ10位の芦屋大と対戦し、109-46で大勝。準々決勝進出を決めた。
 関学は前日の反省を生かし、立ち上がりから、チームディフェンスなど自分たちのバスケをやり抜いた。全員がリバウンドに絡み、流れをつかんだ関学は前半で約40点差をつけ、昨冬に敗れた芦屋大を圧倒する。後半からは控えの選手も多く出場。点差を63点に広げ、全員で勝利をつかんだ。
 次戦は5月3日、東淀川体育館にて天理大との準々決勝が行われる。

  1 2 3 4
関学 26 37 26 20 109
芦屋大 14 12 6 14 46

試合後のコメント
主将横澤拓海(経4)「自分が何をするべきなのかを一人一人が考え、それを体現できていた。2月から言ってきた主体性が見られたことが嬉しい。次に戦う天理大に向けては、いつも通りのバスケを発揮するため、試合の入り方から1日の入り方まで細かい点から意識して準備する」

このページの先頭へ