20160504.jpg
<写真・満面の笑みを見せる選手たち>

 5月4日、 大阪府東和薬品RACTABドームにて第37回全関西女子学生バスケットボール選手権大会決勝戦が行われた。関学は昨年度優勝校の大人科大と対戦し、59ー91で敗北を喫した。
 第1Q(クオーター)にC平岩(人3)を中心に得点を決め、5点ビハインドで第2Qへ。しかし、大人科大に3点シュートを量産され、前半を25点差で折り返す。後半も点差を広げられ、迎えた第4Q、F佐藤(社4)、C新宅(社4)が3点シュートを決め奮闘するも、点差を縮めることができず敗北。目標の優勝には届かなかったものの、創部初の全関西準優勝を成し遂げた。

  1 2 3 4
関学 15 10 15 19 59
大人科大 20 30 24 17 91

<今大会での個人賞受賞者>

優秀選手賞 
主将SG木原恵理奈(法4)

得点王、リバウンド王、敢闘賞
C平岩素菜

新人賞
F井上桃子(文1)

試合後のコメント
主将木原恵里奈 「全関西優勝を目指していた分、負けてしまって悔しい。チームで取り組んできたディフェンスをやり切ることができなかった。でも、今大会を通して何が足りないのかが見えてきた。次は西日本に向けて、チームの底上げやスタメンのレベルアップを進めていきたい」

このページの先頭へ