20161126%E7%94%B7%E3%83%90%E3%82%B9.JPG
<写真・敗戦後、肩を落とす選手たち>

 11月26日、日本体育大学世田谷キャンパスにて第68回全日本大学バスケットボール選手権大会順位決定1回戦が行われ、関学は東海2位の名経大と対戦。55ー61で敗北した。
 前半から均衡した展開となった。外国人選手を中心にゴール下から点を重ねる名経大に対し、関学は的を絞らず中と外のシュートを使い分け応戦。32ー25と7点リードで後半を迎えた。点差を離したい関学だったが、無得点の時間が続き、第3クオーター(Q)終了時には3点差に。第4Q残り2分、2連続のバスケットカウントでついに逆転され、敗北。目標であったインカレ5位の夢は絶たれた。
 次戦はあす、東京都国立代々木競技場第二体育館にて、早大との7位決定戦が行われる。


  1 2 3 4
名経大 13 12 18 18 61
関学 14 18 14 9 55

試合後のコメント
横澤拓海主将(経4)「西日本での借りを返せなくて悔しい。ラスト2、3分でのミスが目立って見えるかもしれないが、そこまでに点差をつけるべきポイントはあった。大事な時間帯に全員でやるべきことを徹底するというチームとしてのまとまりが足りなかった。あすは代々木でもう一度試合ができる。リーグ戦を制し、全国8強入りをしたチームだという誇りを持って最後まで戦いたい」

このページの先頭へ