hp-kg

ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > 編集部員紹介


美男美女特集
関関戦特別企画
美男美女特集

関関戦での彼ら、彼女たちの活躍を観に行こう!!

橋本龍也
勝利を導くキーマン

【バスケットボール部男子】
橋本龍也 (経2)

 甘いマスクから感じられるイメージはすぐに覆された。バスケットボール部の逸材、橋本。両親がバスケットの選手であった影響もあり、小学生次からバスケットを始める。バスケット一筋で続けてきた彼だが、「キャンパスライフ」にあこがれ、バスケットを辞めたいと思った。しかし、彼は体育会ならではの結束力に魅力を感じるようになり、考え直す。誰一人欠かすことのできないチーム。仲間がいてこその自分。その中での役割を自覚した。「苦しいときに点を決める」。まさにその言葉を象徴する試合があった。全関での強豪・天理大戦でのこと。接戦が続き、同点で終わるかと思われた試合だった。試合時間残り1秒。その時、彼が放ったシュートはリングに吸い込まれた。見事関学は逆転勝利。もはや橋本はチームに欠かせない存在となった。今年の部の目標は、インカレベスト8。それを達成するために彼は、「全力でプレーし、みんなを引っ張りたい」と語る。
 バスケットに対して真剣な彼は、遊ぶ時も本気だ。そのためオフの日はバスケットのことは考えない。公私をしっかりと区別する。そんな彼は仲間内ではムードメーカー的存在だ。また、仲裁役もこなすという冷静な面も兼ね備え、人々の目を引きつけてやまない。
 関関戦に向けて「観客を魅了したい」と意気込む橋本。甘いマスクの裏側に強い闘志が みなぎっていた。
乃村真己子
闘志を秘めた美しき女剣士

【フェンシング部】
乃村真己子 (文4)

 「どんなつらいときでもフェンシングを辞めたいと思ったことはないです。」乃村は優しく透明感のある笑顔ではっきりと語った。女優のような、色白で愛らしい容姿とは裏腹に、彼女には熱い闘志がみなぎっている。彼女の中に妥協という文字はないのだ。練習には常に全力で臨む。少人数というハンディを背負いながらも、2部リーグエペの部で団体優勝。個人戦では、3年時にインカレ出場を果たしている。彼女の強さは本物だ。
 乃村は大学入学後にフェンシングを始めた。初心者も多く、部の雰囲気も良かったことが入部の決め手である。今は部活中心の生活を送っている。彼女にとって、フェンシングの最大の魅力は心理戦だという。「相手の動きを読んで技が決まった瞬間は最高だ」と彼女は語った。
 彼女は主将として自主的に動き、部員の手本となる存在だ。そして、何よりも部員同士のコミュニケーションとチームワークを大切にしているという。また、常に周囲への感謝の気持ちを忘れず、日々自分を高めている。
 今回、彼女にとっては最後の関関戦を迎える。「関学の長所である根性と気合で関大を圧倒していきたいです」と意気込みを語ってくれた。ここ最近の関関戦の成績は2勝3敗。04年以降関学は黒星続きである。乃村率いる関学の団結力の強さで、今年こそ勝利をつかんでもらいたい。

石黒直紀
チームを救う守りのエース

【ハンドボール部男子】
石黒直紀 (商2)

 「関学にハニカミ王子現る」。そう言っても過言ではないほどの笑顔、実力を兼ね備えた選手は石黒の他にいないだろう。
 兄の影響で中学生次からハンドボールを始めた石黒。高校3年生次には国体出場の経験もある。しかし、大学に入学してからはハンドボールとは無縁の生活を送っていた。そんな石黒に転機が訪れたのは、昨年7月のこと。サークルに物足りなさを感じ、ハンドボール部への入部を決めたのだ。
 「最初は全く試合に出られなかった」と語る石黒。だがスポーツ推薦の実力者ぞろいの中で、今やレギュラーを勝ち取るまでに成長した。得意なプレーはディフェンス。「守って速攻へ」の精神でチームの勝利に大きく貢献している。また、彼の素晴らしさはプレーだけにとどまらない。「試合中は自分から盛り上げるようにしています」。ハンドボールはチーム一丸となって戦う団体競技。石黒のムードメーカーとしての役目は、チームに欠かせないものなのだ。
 そんな石黒が関関戦に関して、並々ならぬ意気込みを見せる。というのも香川県出身の石黒に対し、関大メンバーの多くも香川県出身。加えて春季リーグ戦での対戦は引き分けに終わった。関関戦では白熱した試合が繰り広げられるだろう。「絶対勝ちたい」。熱く語る石黒の活躍に注目が集まる。

井本久美子
未来を担うコートの妖精

【庭球部女子】
井本久美子 (商2)

 小学校3年生次までバトントワリングをしていた経歴を持つ井本。「どうせ続けるならメジャーなスポーツを」。そんな両親の言葉をきっかけにテニスを始めた。練習に励み、今ではテニスに魅了されているという彼女。全国でも活躍するようになり、「友人がいろんなところにできたこともうれしい」と話す。
 彼女のプレースタイルは、コーナーヘ打ち分け相手を揺さぶるストロークが特徴。高校3年生次には、国体で優勝するなど輝かしい成績を挙げている。大学入学後も、1年生次からリーグ戦に出場という大役を任された。しかしまだ1年生。「自分が出てもいいのだろうか」と大きなプレッシャーを感じたという。だが、試合中緊張した彼女を助けたのは、関学の大きな声援だった。
「メンタルの面で助かりました」。そんな経験が、厳しい場面でも彼女に力を与えてくれる。一方で調子が悪いときには、友人とカラオケや買い物でストレスを発散させるという。オフには、愛犬と遊んでリラックスすることもある。
 「9月のインカレでは上位に。王座でも最低ベスト4まで負けないようにしたい」。そんな高い目標を掲げる彼女。関関戦では、華麗なプレーで関大を圧倒してくれるはずだ。彼女のプレーからますます目が離せない。

田口敏生
”音武両道”の魂貫く求道者

【レスリング部】
田口敏生 (社3)

 現在、西日本の大学レスリング界において、トップクラスに君臨する選手が関学にいる。その男の名は田口敏生だ。
 彼がその世界に足を踏み入れてから16年。ずっとレスリング一筋で続けてきた。だが楽しくなり始めたのは最近のことというから驚きだ。高校生次の団体戦で、レスリングは一人でやるものではないと気付く。さらに大学入学後は初心者に教えることにやりがいを見いだした。「そうやってみんなで強くなっていくのがうれしい。レスリングをしていて良かった」と心の内を語る。だが競技を続ける上で、つらいこともある。それは減量だ。限界まで自分を追い込むのは並大抵の精神力ではかなわないのだ。
 プレースタイルはあまり積極的な方でないが、最近はもっと攻めていこうと意識し始めた。「そうでないと勝てないから」と田口。今後は、彼の得意な腕取りからの片足タックルで決める豪快な勝利が増えそうだ。
 アスリートとして申し分ない生活を送る一方で、田口にはもう一つの顔がある。それは、自身が所属するバンドでのボーカルだ。オフの日はほとんど作詞、作曲に費やす。レスリングとバンド、どちらも本番で実力を爆発させる点で、共通するものがあるのだ。彼が今年の目標として掲げるインカレベスト3に向けて、不安要素は無い。まずは今月の関関戦、ぜひ会場に足を運んでほしい。あなたは最高峰のレスリングを目撃する。

堀江郁加
チーム最速アタッカー

【ラクロス部女子】
堀江郁加 (法3)

 美人ぞろいのラクロス部でもひときわ目立つ美人プレーヤー堀江。彼女は、ラクロス部の日本一にかける熱い思いにひかれて入部した。今では、チーム一の俊足として、試合に欠かせない選手に成長した。1年生次には、練習に対する姿勢が認められ、上級生に混じり試合に出場。1年生ながら存在感を示した。その後も、上級生のプレーを肌で感じ、多くのことを学んできた。
 そんな順風満帆だった彼女も、2年生次に壁にぶつかる。その時、支えてくれたのは、チームメイトだった。彼女にラクロスを楽しむこと、自信を持つことの大切さを思い出させてくれた。精神的にも成長した彼女は「クロスを触った分だけうまくなれる。自信を持つことが大事」と笑顔で話す。さまざまな経験を経て、現在は副将を務めている。そして、以前よりも積極的に声を出し練習に励んでいる。また、どんなときでも、下級生へのアドバイスやコミュニケーションを絶やさない。一方、オフの時は、体を休めることに専念。しかし、頭の中は、ラクロスのことでいっぱいだ。時間があれば試合のビデオを見て、実践のイメージを膨らませている。
 「絶対関西制覇、そして日本一を。今年こそは日本一になる自信がある」と今年のチームを語る彼女。女子では珍しいブレイクラクロスを取り入れ、関関戦でも観客を興奮させてくれるだろう。今、ラクロスが熱い。

西原知世
華麗なる勝利の立役者

【卓球部】
西原知世 (社3)

 笑顔がすてきでとても明るい西原。彼女は美ぼうと実力を兼ね備えた選手である。部員を盛り上げるムードメーカー的な存在だ。楽しく練習する一方、集中するときとのメリハリをつけることも心掛けている。
 卓球は想像以上にハードなスポーツ。球の動きが速いため、優れた動体視力、素早い反応が必要とされる。さらに相手との駆け引きも重要だ。また、下半身の強化を中心に筋力トレーニングも欠かせない。そんな卓球を母の影響により、小学校1年生次に始めた西原。中学生次には県選抜に選出され、全国大会においても団体優勝するなど、素晴らしい活躍を見せた。時には試合で勝てず、くじけそうなときも。だが、大学まで卓球一筋で続けてきた。これは誰にでもできることではない。
 西原は大学に入ってからも得意技のスマッシュを武器に、全日本学生選手権出場など数々の功績を収めている。「関西の学生の中でベスト16に入り、その特権である黄色ゼッケンを付けてプレーすること」。それが大学4年間での一番の目標だ。
 今年の関関戦について、彼女は「一昨年は大敗したので、借りを返すつもりで絶対勝ちます」と自信に満ちている。西原をはじめ、卓球部の華麗なプレーが見逃せない。

磯塚良太
志胸に歓喜を奏でる

応援団総部 第62代団長
磯塚良太 (経4)

 「心響楽舞」。磯塚の学ランに刻まれた4文字には、込められた思いがある。
 吹奏楽をやりたくて入部した彼は、3年生次、指導部4年生が在籍していないために団長に推薦された。吹奏楽部との両立。いい機会を与えてもらったと思う反面、下の学年が自分に付いてきてくれるのかと不安もあった。それでも自分自身が楽しむことを忘れずに、並々ならぬ努力で乗り越えた。彼は観客や選手の喜んでくれる姿をやりがいに、日々練習に励んできたのだ。
 自分たちが楽しむこと。そこに、選手の支えとなる最高の応援を生み出す力が隠れている。チアリーダー部、吹奏楽部、指導部の三つの部からなる応援団総部。三身一体が関学独自の魅力だ。三つの部の思いが一つになった時、誰もが彼らの熱い応援に魅了される。
 日本一を目指す選手を応援する立場の彼らは、自分たちも「高み」を目指している。磯塚いわく、それは「日本一の体育会にふさわしい応援」だ。まず自分たちの演奏で最大限に自らを楽しませる。その上で、選手が力を出し切れるよう全力を注ぐ。常に自分たちの声援が関学の勝利につながることを願う応援団総部。「心響かせ楽しい演舞演奏」という言葉にかけられた深い思いを胸に、今日も磯塚は部員を引き連れ応援に繰り出す。