20150628%25E3%2582%25AB%25E3%2583%258C%25E3%2583%25BC.JPG
<写真・{WKー1}500㍍で武庫女大を抑え、優勝を果たした東出>

 6月28日、芦屋キャナルパークにて第45回大阪学生選手権大会が行われた。男子はシングルス、ダブルスともに表彰台を独占、女子は{WKー1}500㍍において東出(教3)が優勝するなど、夏に向けて大きな一歩を踏み出した。

今試合の主な成績
{Kー1}500㍍
優勝 佐々木(法3)
準優勝 松下(教4)
3位 古井(法4)

{Kー2}500㍍
優勝 佐々木・小國(社4)組
準優勝 松下・中多(理3)
3位 龍本(経3)・栗原(法2)組

{WKー1}500㍍
優勝 東出

{WKー2}500㍍
準優勝 池田知(人4)・佐田(経3)組
3位 山岡(経4)・東出組

{JKー1}500㍍
優勝 呉(社1)
準優勝 平沼(経1)

{JKー2}500㍍
優勝 呉・長田(法1)組
準優勝 籠谷(社1)・平沼組

{JWKー2}500㍍
準優勝 伊藤(商1)・河原(商1)組

試合後のコメント
主将菅野友城(商4)「後輩の成長を見ることができて、チームとして良かったと思う。本番だけ強いといったことがないように、力を安定させることが今後の課題。1年生が入部し、57代目のカヌー部がやっと完成した。カヌー部はどこにも負けない『本気の集団』だと思っている。勝つべき姿を自分たちの手で体現できたら、目標である『全員で関全勝利』は達成できる」
女子リーダー池田知世「ここ数年、ずっと武庫女大に勝てたことがなかったが、今日は点数で勝つことができた。武庫女大をぶっ倒すことをテーマにしてきたので、実現することができてうれしい。チーム力で勝つことはできても、悔しい思いをした人がたくさんいると思う。個人の力をもっとレベルアップさせて、挑戦し続けたい」
好成績を収めた東出千穂「優勝できてうれしいが、もっと圧倒的な差で勝ちたかった。まだまだたくさん課題はある。いつも家族のみんなに支えられている。これからもっと頑張って結果を出し、いい報告を家族にしたい」

このページの先頭へ