8月8、9日の2日間に渡り、広島県テクニックステージタカタに於いて行われた全日本学生ダートトライアル選手権大会。関学は女子個人の部で主将・西嶋夕貴(社3)が2位に1秒以上の差をつけての優勝。見事、日本一の座に輝いた。

試合後のコメント
西嶋夕貴「目標にしていた全日本優勝なのでとても嬉しいが、参加者全員(男子も含め)のタイムを考えるとまだまだなので、この結果に満足せず、次は参加者全員のタイムの中でも上位に入れるように頑張ります」


試合結果

《男子団体の部》
全26校

1位 広島大学
05:31.251
2位 東北大
05:31.726
3位 近大工学部
05:32.365

8位 関学
05:35.877

《男子団体個人の部》
全78人

1位 田邊(中大)
01:48.156

2位 小坂(近大工学部)
01:48.223

3位 早田(東北大)
01:48.892

14位 辻広志(理2)
01:51.083

24位 山野喜朗(経4)
01:52.256

26位 官能光希(文2)
01:52.538

《女子個人の部》
全6人

1位 西嶋夕貴
01:56.160

2位 酒井(法大)
01:57.233

3位 松本(山口大)
01:59.442

このページの先頭へ