4月29日コスモスパークに於いて平成24年度第1回全関西ダートトライアル選手権大会が行われ、関学はチーム総合5位となった。路面が乾燥し、砂埃が行われた全関ダート。第1H(ヒート)、ミスコース、クラッシュと他校が苦戦する中、関学は難なく3人とも走りきり暫定1位に躍り出る。しかし第2H、第一走者・鈴木伸太朗(商3)がクラッシュ。これ以降走行することができなくなり、無念のリタイアとなった。

試合後のコメント
主将・浅沼昴佑(理3)「クラッシュしてしまったが、本当に怪我がなくてよかった。車の状態は完全とは言い切れないが、なかなか良いコンディションだったし、路面の状態もよかった。良い結果を残したいという意識が高く、攻めすぎた結果だと思う。失敗から得られる物をしっかり得たい」

このページの先頭へ