5月6日、舞州インフィニティサーキットに於いて第35回総合関関戦(前哨戦)が行われ、関大に勝利した。関大のドライバー1人に対し、関学は9人。関学優勢に見えたが、関学のドライバーは相次ぐミスコースでタイムを残すことが出来ない。しかし山本(社4)がトップタイムを叩き出し、見事関関戦で勝利を収めた。

試合後のコメント
主将・浅沼昴佑(理3)「運良く勝てた試合だと思う。全員にまだまだ課題があるなと感じた。次の試合の全関フィギュアは準備の部分からの影響は出にくいが危機感を持って挑まないと駄目だと思う」

このページの先頭へ