10月21日、コスモスパークにて平成24年度第2回全関西学生ダートトライアル選手権大会が行われ、関学は団体5校中4位と上位に食い込むことはできなかった。関学は第1H(ヒート)で門(総3)が3位となり、団体では2位と表彰台圏内に入る。しかし第2H。関学の全員が第1Hを上回るタイムを出すも、他大学に記録を更新され、関学は順位を落とした。4位で今大会を終え、個人としては1分38秒22で門の6位が最高順位だった。

試合後のコメント
主将・浅沼昂佑(理3)「今日出場するまでに不運が続き、また車も変わったので、とりあえず全員が完走し結果を残すことを目標としていた。結果は決してよくはない。だが4位に入賞でき、実力を付けてきているなと感じるとこができたのはよかった。次の全日本学生自動車運転競技選手権大会は練習が物を言う競技なので、関西陣として一矢報いれるように努力したい」

このページの先頭へ