3月26日、名阪スポーツランドCコースにおいて平成25年度全関西ジムカーナ選手権大会が行われ、関学は団体準Vとなった。新チームとなり初めての公式戦で4人中2人が初出場だったが、一人ひとりが落ち着いたハンドルさばきを見せた。また、個人でも門亮介(総3)が豊富な経験を生かし首位と1秒31差の1分13秒47で5位入賞を果たした。

試合後のコメント
主将・依田崚平(理2)  「今大会は4人中2人が初めてレースに出場したため緊張したものの、練習でしっかり基礎を固めていたのでまずまずの走りができた。課題は集中力と試合慣れ。練習で走行する1、2本目を試合を想定してやることで集中力をつけて、試合の時に平常心で運転できるようにしたい」
5位入賞・門亮介  「今大会ではチームの底上げに力を入れていたので個人の結果は気にしていない。その分チームの結果として表れてよかった。これからも指導は続けていき、全日本ジムカーナ選手権大会で団体優勝したい」

このページの先頭へ