20140427car.jpg
<写真・今季初の関西制覇を成し遂げ、笑顔を見せる末岐>

 4月27日、京都府コスモスパークにて平成26年度第1回全関西学生ダートトライアル選手権大会が行われ男子団体では3位、女子個人では末岐(文3)が今季初の関西制覇を成し遂げた。第1H(ヒート)、公式戦初出場の廣田(経2)が18人中6位と好成績を残す。しかし、末岐の走行中に車両トラブルが起こり、末岐と続く主将大田(教3)がリタイアとなるアクシデントが起こる。
 なんとしても巻き返したい関学は、第2Hで確実にタイムを伸ばし、男子団体は3位入賞、女子個人は末岐の優勝でレースを終えた。

試合後のコメント
主将大田健太郎「チーム全体が少しずつレベルアップしていて、非常にいい傾向にあると思う。特に2年生は、練習熱心な選手が多いので今後が楽しみ」
関西制覇を成し遂げた末岐華穂「結果は優勝だったが、満足できるタイムは残せなかった。車両トラブルも自分の管理不足。まだまだ甘いところがある」
公式戦初出場の廣田高嶺「初めて公式戦で練習にはない緊張感を味わった。練習から1回のレースに集中して臨みたい」

140427car.jpg

このページの先頭へ