20140825car.jpg
<写真・応援に駆け付けたOBと自動車部>

 8月24日、平成26年度全日本学生ジムカーナ選手権大会が行われた。関学は男子団体で29位となり、目標の表彰台には届かなかった。雷雨のため前日の予選レースがなくなり、本戦のみの開催となった今大会。大会前日にギアが壊れるアクシデントに見舞われた関学は、なんとか出場を果たすもタイムは伸び悩み、団体順位29位で大会を終えた。
 個人成績では前回の全日ダートに続き、廣田(経2)の43位が最高となった。

試合後のコメント
主将大田健太郎(教3)「参加校も多く、1番大きい大会だったのでこれまでより練習や整備の時間を増やした。しかし大会前日の練習で車両トラブルに見舞われ、疲れを残した状態で大会を迎えてしまった。チーム全体としては、それぞれがベストを尽くしたと思う。今大会はOBの方々も多く来て下さり、励みになった。次戦の第2回全関ダートまでに車を万全の状態に戻して大会に臨む」

個人成績
大田 1分18秒786 54位
中村(商2)1分55秒082 92位
廣田 1分16秒961 43位

このページの先頭へ