150524%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・男女共に関西制覇を達成した自動車部員一同>

 5月24日、近鉄自動車学校にて平成27年度全関西学生運転競技選手権大会が行われ、関学は男女共に団体で関西制覇。個人でも男子小型乗用の部で廣田(経3)が、女子小型乗用の部で宮垣(商1)が関西制覇を成し遂げた。
 今年度、男子団体ではジムカーナ競技とダート競技で関西制覇を達成していた関学。今回のフィギュア競技でも関西制覇をすれば創部初の偉業だった。一発勝負の緊張感が漂う中、小型乗用の部では廣田が優勝。中村(商3)も6位と健闘した。小型貨物の部でも中西(経2)と栗田(商3)が2位、3位と表彰台に乗り、それぞれの良い方の成績が団体の成績に反映され、関学は男子団体で関西制覇を達成した。
 女子の部でも練習を開始してわずか2週間の1年生が活躍。小型乗用の部では宮垣が優勝し、小型貨物の部の大岩(法1)も2位に輝いた。両者の結果を総合し、女子団体でも関西制覇。男女共に団体で関西の頂点に立ち、関学は喜びに包まれた。
 次戦のフィギュア競技は11月に行われる全国大会だ。関西チャンピオンとして全国の強豪と戦い、全国制覇を目指す。

試合後のコメント
主将廣田貴嶺「自分たちが一生懸命練習してきたことが結果につながってとてもうれしい。今の部内の雰囲気は全員がお互いを高めあおうとしており、良い状態。全国大会に向けてもっと高めあう環境にしていきたい。創部初の3連覇に気負うことなく、常にチャレンジャーの気持ちでありたい」
女子小型乗用の部で優勝した宮垣美咲「優勝できたのは親身になって指導してくれた先輩たちのおかげ。テンパらなければ減点は抑えられたので、反省し改善していきたい。女子団体で優勝できたのは、大岩の頑張りがあったから。感謝したいと思う」
女子小型貨物の部で2位の大岩咲「女子団体で優勝できて本当に良かった。個人的には優勝できていないので悔しさが残る。結果を出すにはとことん練習するしかないので、妥協することなく練習を積んでいきたい」

このページの先頭へ