170430%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A.JPG
<写真・関学トップの成績を残した谷川主将>

 4月30日、京都コスモスパークにて平成29年度第1回全関西学生ダートトライアル選手権大会が行われた。関学は男女団体を2位、個人では谷川主将(経3)の3位が最高位となった。
 第1H(ヒート)、第1走者の人見(法3)の走行中に車両トラブルが発生。しかし、サポート陣が必死で整備を行い、団体順位は残せずも競技続行となる。巻き返しを図りたい関学は、まず人見がタイムを残し、団体成績を確立。続く前川、谷川が合計でタイムを約4秒伸ばす。だが、優勝校の関大に約9秒差をつけられ、2大会連続の準優勝となった。
 本日の成績は以下の通り。

<男子団体>(6校中)
2位

<男子個人の部>(19人中)
人見圭 2:16.859 15位
前川航輝 2:07.950 8位
谷川純哉 2:03.446 3位

<女子団体>(2校中)
2位

<女子個人の部>(5人中)
宮垣美咲(商3) 3:03.078 5位
濱野美涼(社3) 2:27.128 4位

試合後のコメント
谷川純哉主将「開始早々のトラブルでいいスタートを切れなかった。優勝できなかった理由は一つだけじゃなく、何個もあるように感じた。次のフィギュア競技は他校と車の差がない分、成績は選手次第。トップを取りにいきたい」

このページの先頭へ