6月18日、関西学院大学上ヶ原キャンパス総合体育館フェンシング場にて第34回総合関関戦が行われた。関学は強豪関大を相手に接戦を繰り広げ、フルーレとエペの2種目を同点で終える。そして勝負は最終種目のサーブルへ。最初に登場した菊池(経1)が奮闘するも0-5で負け越すと、そのまま流れを関大に与えてしまう。最後まで関学は勢いに乗れず、サーブルは0-6で敗北。総合結果は0勝1敗2分で関大に敗れた。

試合後のコメント
主将・小泉裕平(法3)「勝つ気でいた。関大との経験差で負けてしまった。秋季リーグでリベンジしたい」

このページの先頭へ