4月14日、大山崎町体育館に於いて第62回関西学生フェンシングリーグ戦(フルーレリーグ戦)が行われ、男子2部2勝1敗、女子1部1勝2敗
とした。男子は近大、京大、関大と対戦。近大、京大を相手に激戦を繰り広げ見事勝利し、明日へとつなげた。一方、女子は立命大、同大、朝日大と対戦。同大戦では最終スコア41ー40の白熱した接戦を物にし、底力を見せつけた。明日男子は阪大、龍大、女子は関大、中京大と対戦する。

試合後のコメント
主将・小泉裕平(法4)「自分たちの実力をしっかり出すことを意識して臨んだ。変化に富んだ攻めを日頃から練習しているので、その成果が出たと思う。ただ、気持ちを切り替えるのが難しかったので、明日はもっと素早くできるように心掛けたい」

このページの先頭へ