5月12日大阪市中央体育館に於いて第62回関西学生フェンシングリーグ戦(サーブルリーグ戦)が行われ、男子2部2勝1敗、女子1部1勝2敗とした。男子は近大、龍大、関大と対戦。龍大戦では序盤から相手の得点を許さず、45ー25と圧倒的な強さを見せつけた。一方、女子は朝日大、立命大、中京大と対戦。立命大戦では6点ビハインドから逆転し、持ち前の粘り強さを見せて45ー40で勝利を奪った。

試合後のコメント
主将・小泉裕平(法4)「膨大な練習量とチームの一体感が勝利を導いた。明日もこの調子で勝ち進め、総合優勝に繋げたい」

このページの先頭へ