10月18日、大山崎町体育館において第62回関西学生選手権の男子エペ個人、女子サーブル個人とそれぞれの新人戦が行われ、女子サーブル個人で川島(人1)が3位に入賞した。男子エペ個人には井川(商3)、高野(経2)、杉山(経1)が予選を突破しトーナメントに進出するも、結果は振るわなかった。一方、女子サーブル個人では中嶋(教2)、川島がトーナメントへ。川島はトーナメントで最終スコア15-14の白熱した試合を3戦続けて物にし準決勝に進出するも、3-15で敗北。しかし、その後の3位決定戦では強豪・朝日大の選手に15-11で勝利し3位に入賞した。

試合後のコメント
主将・田中耕平(経3)「男子のエペ個人は振るわなかったが、これを糧に団体ではいい成績を残してほしい。女子のサーブル個人は川島が3位に入賞してくれてうれしい。14-14になった試合が3戦あったが、全部落とさなかったことが川島のすごいところだと思う。明日からは団体戦が始まるが、男子フルーレは昨年全日本インカレに出場しているので今年も出場権を獲得したい。女子フルーレ団体も全日本インカレを目指して頑張ってほしい」

このページの先頭へ