4月14日、大山崎町体育館において第63回関西学生フェンシングリーグ戦(フルーレリーグ戦)が行われ、関学は3連敗を喫し、目標としていた3位入賞には届かなかった。1試合目、女王朝日大を前に16-44で大敗。続く関大戦、同大戦でも流れに乗れず敗北した。関学は1勝4敗でフルーレリーグ戦を終えた。

試合後のコメント
女子リーダー・菊池有紗(人3)「今日は全体的に、調子は悪くなかったが波に乗り切れず、またそれぞれがミスをして悪い流れに変わってしまった。今日分かった課題として、ミスをなくすこと、一人一人が一本を取ることが必要だと感じた」

このページの先頭へ