20140614%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0.jpeg
<写真・好プレーを見せた猪野>

 6月14日、関西大学東体育館第3体育室にて、第37回総合関関戦が行われた。フルーレ女子では45-18、フルーレ男子では45-41、エペ女子では45-30、サーブル男子では45-29と関学が圧勝した。

試合後のコメント
主将長谷川涼(人4)「1、2、3年生で挑んだフルーレで勝てたことはよかった。去年は関関戦で勝って、その後の試合では負けてしまった。今年は関関戦の流れのまま関西インカレでは全競技で過去最高を出したい」
猪野泰輝(総3)「今回は守りに入らず、自分から攻めることを意識した。その結果いつもより相手をよく見ることができたと思う。また今日は、新しい代としての初試合だったが、1年生もしっかり勝ってきてくれてよかった。秋に向けて、もっとチームに勢い付けられる選手になるため、フットワークの練習をしていきたい。そして、男子団体の目標である1部昇格に貢献したい」

このページの先頭へ