151014%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・優勝が決定しはじけんばかりの笑顔でガッツポーズする川島>

 10月14日、京都府大山崎町体育館にて第65回関西学生フェンシング選手権大会が行われた。第1日目の今日は男女フルーレ個人戦が行われ、男子は松本(人2)がベスト8に入賞。また女子は、佐藤(人1)がベスト8、さらに川島(人4)が優勝し、関西制覇を成し遂げた。明日は男子サーブル個人戦、女子エペ個人戦、男子エペ予選が行われる。

試合後のコメント
ベスト8となった松本大輝「ベスト4を懸けた試合では集中力が足りず負けてしまい残念。しかし目標としていたベスト8を達成できたので、来年はさらに上を目指したい。関学は 1部に上がったところなので、格上相手が多いと思うが団体戦でもしっかり勝っていきたい」
関西制覇を成し遂げた川島瑞月「楽しかった~!2年生でも優勝したが、あのときはただただ必死でいっぱいいっぱいだった。今年は心の余裕ができ、自分の思うようにできて本当に楽しめた。明日のエペでもベスト4を目標に、楽しみます!」

このページの先頭へ