hp-kg

ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク

第2フィールド完成


ブルータータン 投擲サークル 跳躍マット

 結果を残すために欠かすことのできない練習。選手たちは皆、頂点を目指して日々己の肉体を鍛え、技術の向に励んでいる。そんな彼らにとって無くてはならない練習場が新しく生まれ変わった。

 今夏には、ラグビー部と陸上競技部が使用する第2フィールドが改装された。ラグビー部のグラウンドは、A・F部同様、全面人工芝のグラウンドに変わった。そこを囲う陸上競技部のトラックは、関学のスクールカラーを基調としたブルータータンだ。このトラックは日本陸連公認であり、公式の記録会を行うことも出来る。

 これから先、選手たちはこのフィールド上で時に喜び、時には挫折し、成長していくだろう。フィールドはそんな選手たちを見守り続ける。

練習 月マーク ナイター設備

陸上競技部


 全日本インカレを最後に、幹部交代を行った陸上競技部。駅伝パートが指定強化クラブにも選ばれており、創部90周年を前に実力の向上を図っている。

関西インカレ

岩井顔写真 岩井名前

「新チームにはなったが戦力はまだ維持できているし、関西制覇を狙える位置にいると思う。今年こそやります」








松井顔写真 松井名前

「記念すべき90周年という節目の年に関カレ制覇を達成して、お世話になっている方々、OB・OGの方々に恩返しがしたいです」




(企画・取材・文 丸山夏季、堀菜々、立山裕希子)

07/11/22