20140613hockey-w.jpg
<写真・今季初得点に喜びを爆発させる西堀>

 6月13日、関西大学中央グラウンドにて第37回総合関関戦が行われ、3-0で関学が勝利した。アウェー開催となった今大会だったが、前半から関学が攻撃を仕掛け、同25分に待望の先制点をFW玉井(人1)が決める。後半に入り、大雨に見舞われるもFW西堀(人4)、MF佐野な(文3)が立て続けにゴールを決め、さらに点差を広げる。そのままリードを守り切った関学は見事総合関関戦を白星で飾り、関学の6連覇に大きく貢献した。

試合後のコメント
主将山本加奈子(総4)「いつもやっている芝ではなくやりずらい状況だったが、ボールの支配率は関学の方が上回っていたし、焦ることなく、攻めることができていた。一つの目標にしていた全員出場も達成できたのでよかった。関学の6連覇に貢献できてうれしい」
得点を決めたFW西堀春香「最後の総合関関戦で応援に来てくれている人もたくさんいたので自分で得点して勝利したいと思っていた。今季初得点となったが、フォワードとしての役目を果たせたのでよかった」

37kkgamehockey-w.jpg

このページの先頭へ