150809%25E9%2599%25B8%25E4%25B8%258A%25E3%2583%259B%25E3%2583%2583%25E3%2582%25B1%25E3%2583%25BC%25E9%2583%25A8%25E5%25A5%25B3%25E5%25AD%2590.jpg
<写真・得点後、笑顔を見せた佐野夏(左)>

 8月9日、関西学院大学三田キャンパスグラウンドにて第43回西日本学生ホッケー選手権大会が行われ、関学は関大に4-0で勝利した。前半から終始ボールを支配した関学は、佐野夏(教3)が同8分、25分にゴール。2-0で試合を折り返すと、後半にも佐野夏が1得点、佐々木(総3)がダメ押しの1得点を挙げ、西カレ初戦を白星で飾った。次はあす8月10日14時30分より、同会場にて中京大との試合となる。

試合後のコメント
主将今井里美(人4)「立ち上がりから良くなかった。出来は最悪。オフ明けで、今までできていたこともできていなかったと思う。これから調子を上げていきたい。明日は春に勝てなかった中京大に勝ちきるようにする」
ハットトリックを達成した佐野夏水「上半期はあまり得点が取れていなかったのが反省だった。今日3得点はしたが、もっと決められたと思う。西カレでは強い相手に勝てるよう、フォワードの役目を果たしたい」

このページの先頭へ