151010%E9%99%B8%E4%B8%8A%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・得点を決められ苦笑いする森>

 10月10日、平成27年度関西学生ホッケー秋季リーグ第2戦が立命館ホリーズスタジアムにて行われ、関学は立命大に0-5で敗北した。強豪・立命大はやはり強かった。前半から関学は攻め込まれるも、ディフェンス陣は容易に得点を許さない。2失点で試合を折り返した。しかし後半開始直後、立て続けに得点を許し、一気に差をつけられる。最後まで追いつくことなく、試合終了。秋季リーグ2戦目は黒星で終わった。次はあす10月11日の11時30分より、聖泉大との試合が同会場にて行われる。

試合後のコメント
主将森啓吾(経4)「強い相手だとは思うが、やはり負けるのは悔しい。フォワードに任せきりになってしまったのが敗因。あすが一番の山場なので、しっかりと切り替えたい。何があっても勝つ」

このページの先頭へ