20151024%25E9%2599%25B8%25E4%25B8%258A%25E3%2583%259B%25E3%2583%2583%25E3%2582%25B1%25E3%2583%25BC%25E9%2583%25A8%25E5%25A5%25B3%25E5%25AD%2590.JPG
<写真・今試合で唯一得点を決めた小林>

 10月24日、天理親里ホッケー場にて平成27年度関西学生ホッケー秋季リーグ順位決定戦が行われ、関学は立命大に1ー3で敗れた。前半11分、16分と立て続けにゴールを許すも、その後は積極的な守りでPC(ペナルティーコーナー)をもしのぎ、試合を折り返す。後半、1失点するも立命大の猛攻に必死で食らいついた関学は、ついに同28分にFW小林(総2)がフィールドゴール。1ー3で敗れるも、立命大に一矢報いた。関学はあす11時30分から行われる3位決定戦に進む。

試合後のコメント
主将今井里美(人4)「自分たちのミスから失点したものもあったので、まだまだだと思った。予選リーグから約1カ月の間は、立命大対策として2枚3枚と守備にかかる練習をしてきた。だが実際きょう試合をしてみると、タイミングが早かったりして逆に相手に裏をかかれてしまった。この対策は山学大戦にもつながってくると思うので、もっとつめていきたい」

このページの先頭へ