20151025%E9%99%B8%E3%81%BB.jpeg
<写真・試合終了直前にゴールを決めた佐野な>

 10月25日、天理親里ホッケー場にて平成27年度関西学生ホッケー秋季リーグ3位決定戦が行われ、関学は聖泉大に1ー2で敗れた。前半、関学はPC(ペナルティーコーナー)を2回獲得するも決めることができず、両者無得点で試合を折り返す。後半、立て続けにゴールを許し2失点。反撃を試みるが得点に結びつかない。同31分にDF佐野な(文4)がPCから得点を決め、1点を返すも万事休す。関学は関西4位で秋季リーグを終えた。

試合後のコメント
主将今井里美(人4)「昨日の立命大戦と違い、攻めることは多かったが、攻撃が淡白すぎた。決定的な場面をもっと増やさないといけない。この秋季リーグはうまくいったという感じはしないが、守備の面では成長できたと思う。最後のインカレは熱いプレーをし、なにより気持ちで勝つ」
得点を決めた佐野ななみ「絶対決められる自信があった。この1ヶ月やってきた筋トレの成果だと思う。今試合は不完全燃焼となってしまったが、インカレは後悔がないようにやりきりたい」

このページの先頭へ