160430%E9%99%B8%E3%83%9B%E7%94%B7%E5%AD%90.jpg
<写真・福井工大に得点を決められ、うなだれる選手たち>

 4月30日、関西学院大学三田キャンパスグラウンドにて平成28年度関西学生ホッケー春季リーグ予選第2戦(対福井工大)が行われ、関学は福井工大に0ー2で敗北した。
 試合は序盤、一進一退の攻防を繰り広げていたが前半28分に先制点を許す。同点に追いつきたい関学だったが、なかなか決定的なチャンスを得られない。逆に後半16分に追加点をあげられ、0-2でそのまま試合終了。これで関学は予選リーグ1勝1敗で、上位リーグ進出が厳しくなった。次戦は5月5日、天理親里ホッケー場にて予選第3戦(対天理大)が行われる。

試合後のコメント
主将田中亮(人4)「今季で一番大切な試合だっただけに残念。王座への道が厳しくなった。皆走ってくれて内容が良かっただけに、悔しい試合になった。足りないのは点数を決め切る力だと思う。次戦は天理大だが、走って戦いたい」

このページの先頭へ