161029%E9%99%B8%E4%B8%8A%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC.JPG
<写真・けがから復帰し、今季初の出場を果たした春田>

 10月29日、立命館ホリーズスタジアムにて平成28年度関西学生ホッケー秋季リーグ順位決定予選が行われた。関学は0ー3で天理大に敗北し、3位決定戦に回ることとなった。
 序盤から、PC(ペナルティコーナー)を取られるも、国府田(総3)が好セーブを連発し無失点。関学も攻め込むが、パスミスにより天理大に奪われ、得点につながらない。だが守り続け、0ー0で折り返す。後半12分、天理大が1点を決めると、その流れを変えることができず、3失点を許した。諦めずに攻め続けるが点を奪うことができず、そのまま試合終了。
 次戦は明日、同会場にて3位決定戦(対聖泉大)が行われる。

試合後のコメント
春田真希(商4)主将「今試合は、みんな思い入れも強かった分、負けてしまい悔しい。でも、攻められても強気でプレーをしていたと思う。久々の出場で緊張していたが、少しの時間でもみんなとホッケーができて幸せだった。明日の3位決定戦は、気持ちの面でも絶対に勝ちたい」

このページの先頭へ