161109%E9%99%B8%E3%83%9B%E5%A5%B3%E5%AD%90.jpg
<写真・今大会で引退となった4年生>

 11月9日、山梨学院ホッケースタジアムにて第38回女子全日本学生ホッケー選手権大会の1回戦が行われ、関学は山学大に0ー6で敗北した。
 立ち上がりは好調だったが、前半23分に先制点を奪われ一気に流れが山学大に傾いた。何度かゴールまでボールを持ち込むも、決まらず0ー3で試合を折り返す。続く後半、気合いを入れ直し、反撃を試みるも3失点。点差を縮めることができないまま0ー6で試合終了。初戦敗退となった。
 今試合をもって4年生は引退となる。
 
試合後のコメント
春田真希主将(商4)「色々な人の支えがあったから、ここまでやってこれた。ホッケー人生が終わる悲しい気持ちもあるけど、今まで支えてくれた周囲の人への感謝の気持ちが大きい。後輩にはあと一歩のところで勝ち切って、全国ベスト4に入って関学の名を広めてほしい」

このページの先頭へ