20170618%20%E7%94%B7%E3%82%8A%E3%81%8F%E3%81%BB.jpg

<写真・試合開始前に円陣を組む選手たち>

 6月18日、関西学院大学三田キャンパスグラウンドにて第40回総合関関戦が行われ、関学は関大にに4ー0で勝利した。
 前半5分、桒原(文4)がペナルティーストローク(PS)から先制点を決め、関学ペースに。そして同27分にも桒原が得点し、本日2点目を決めた。同32分には、ペナルティーコーナー(PC)で為国(社2)が追加点をあげ、3ー0で折り返す。続く後半も、終始関学ペースで試合は進み、後半17分には、時田(人3)がフィールドゴールを決め、勝利を決定づけた。4ー0で試合終了し、関大を無得点に抑えて勝利した。
 
試合後のコメント
毛利大喜主将(経4)「4ー0にしようといっていたので、作戦通りだった。そして全員出場もすることができて良かった。7月上旬の関東遠征では早稲田大と慶應大と対戦するが、少し格上なので、勝つことを意識していきたい」

このページの先頭へ