全国大会出場も果たしている関大が、圧倒的に有利と予想されて迎えた関関戦前哨戦(於・福井空港)。3月17日~21日にかけて行われた。関学は1448.5-3421.5で関大に完敗した。


ライセンス保持者が多い関大は、エース早稲田を中心に次々と指定されたポイントをクリアし得点を稼いでいく。しかし関学はうまく上昇気流に乗ることができず、苦戦を強いられる。1日目終了時点で、関大が3416.5点、関学は1448.5点を獲得。関大勢が高得点をたたき出す中、関学は貴田健太郎(理工3)が727点を獲得し健闘した。
 翌日は天候が悪く関大1名のみの得点により、順位に変動はなかった。そして迎えた最終日、攻め続けるも関学は得点差を縮めることが出来ず、試合は終了。関学は昨年と同様、関大に圧倒的強さを見せ付けられる結果となった。
 スコア
団体 1位 関西大学
    2位 関西学院大学

個人 1位 吉山章宏(関大)
    2位 早稲田将平(関大)
    3位 貴田健太郎(関学)

このページの先頭へ