9月13~17日にかけて行われた関西学生男子1部学校対抗戦。4連覇を狙った関学だったが1勝4敗でまさかの5位に終わった。
今年の春季リーグ戦を制覇して、リーグ戦3連覇とした関学ゴルフ部。4連覇のみを目標に秋季リーグ戦に臨んだが思わぬ結果に終わってしまった。
 初日となった13日には近大と対戦。午前中に行われたシングルスで引き分けに終わると午後に行われたダブルスでは2ー6で敗北。まさかの黒星スタートとなってしまう。続く2日目に行われた同大戦では勝利するが、3日目以降調子が上がらない。3日目、4日目と連敗を喫して優勝の可能性が消えてしまう。5日目には春に大接戦を演じた大院大と対戦。なんとか一矢報いたい関学だが、シングルスで1Pー7P、ダブルスでも3Pー5Pと大敗を喫してしまった。
 まさかの5位に終わった秋季リーグ戦。しかし彼らは前に向け歩き始めている。再び関学ゴルフ部の黄金時代が訪れるはずだ。

試合後のコメント
主将・上典慶(経4)「結果は全然だめだった。一番大事な試合に調整出来なかった。実力はあると思うので次の主将の河(法3)には頑張って欲しい」

このページの先頭へ