20160527%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E9%83%A8.JPG
<写真・試合終了後に抱き合う選手たち> 
5月27日、京都府城陽カントリー倶楽部にて関西学生ゴルフ女子春季1部校学校対抗戦最終日が行われた。初日は2位と1打差の首位に立つも、7打差の間に6校がひしめく接戦だった。その中で全員が崩れることなく、前日よりスコアを伸ばした。優勝の座は1打差で逃したものの、昨年の2部落ちから一気に成績を上げ、全国への切符を手にした。
 スコアは以下の通り。

植手(文4)41・36/77
中森(人4)36・38/74
中村(人1)37・37/74
岡田(教3)37・37/74
阿部(人2)38・35/73
2日目トータル:295
関学トータル:594

試合後のコメント
女子リーダー植手真美「私自身は前半から打数が、多くなってしまったが、みんなを信じてラウンドを回れた。本当に仲間が全国に連れていってくれたと思う。昨日は1位だったけど、狙っていた訳ではないのでプレッシャーもなく、昨日よりも良いスコアを出せた。去年の2部落ちから、全員がステップアップした結果。全国では1年生の秋に3位になっているので、今年も3位以内を目指して頑張りたい」

このページの先頭へ