0614%E4%BD%93%E6%93%8D.JPG
<写真・跳馬の演技をする尾川>
 6月14日、関西大学天六キャンパスにおいて第37回総合関関戦が行われ、関学は総合成績で366.45ー355.45となり勝利。これで関学は第34回大会から4連勝を挙げた。また個人総合では福原(人2)が連覇を成し遂げた。

試合後のコメント
主将尾川祐哉(人4)「チーム全体としても、個人としてもあまりよくなかった。だがOBさんが審判をしていたり、普段から交流のある関大との試合は気負わずに楽しむことができた」
個人総合連覇の福原夢「初めのゆかでミスをしてしまったが、切り替えて引きずらずに演技をすることができた。西日本インカレの疲れが残っていて100パーセントの力では臨めなかったが、楽しんで試合することができた。また個人総合優勝は狙っていたので達成できて安心した」

37kkgamegymnastics.jpg

このページの先頭へ