160425%E4%BD%93%E6%93%8D%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・主将としてチームを率いた福原>

 4月24日、兵庫県姫路市立中央体育館にて第58回関西学生体操選手権大会体操競技の部が行われた。団体総合選手権では男子が3位、女子は7位となった。
 また、個人総合選手権では主将福原(人4)が3位に入賞。福原は種目別選手権でも鉄棒優勝をはじめとして4種目で入賞を果たした。団体、個人ともに今年度初の公式戦をのびのびと演技し、全日本インカレへの切符を懸けた西日本選手権に向け弾みをつけた。


<主な戦績>
団体総合選手権 
男子団体 3位 総合得点 371.450点
女子団体 7位 総合得点 114.550点

福原夢
個人総合選手権 3位 80.250点
種目別選手権 鉄 棒 1位 13.900点
          ゆか 3位 14.400点
          跳馬 5位 13.950点
          つり輪 5位 13.300点

臼井大起(人1)
種目別選手権 つり輪 5位 12.900点

女子
中條加奈子(国4) 
種目別選手権  跳馬 7位 13.200点

試合後のコメント
主将福原夢「声を出して楽しくやるというチーム目標が達成できて良かったが、結果で見たときに点数がまだ低い。関西インカレは試合感覚を取り戻すための大会という位置づけだったので課題が見つかったのは良かったと思う。練習からそれぞれの欠点を改善し、プレッシャーもかけながら万全な状態で西日本インカレに臨みたい」
種目別選手権で7位に入った中條加奈子「団体メンバーみんなで盛り上げられたと思う。自分は練習で調子 が悪かった跳馬を、本番で成功できて良かった。だが、体力のなさが課題。今年の西日本インカレは例年に比べて開催が早まっているので、ランニングや試合を想定した練習をしていこうと思う。きょうの平行棒での着地で足をけがしてしまったが、調整をして安定した演技ができるようにしたい」

このページの先頭へ