webSC_0073.jpg
<写真・今試合チーム最多の得点を決めた屋富祖(文4)>

 6月15日、関西大学中央体育館メインアリーナにて第37回総合関関戦が行われ、20-27で敗北を喫した。春季リーグ戦では最大9点差を巻き返した関学だったが、今試合は終始劣勢に立たされた。前半は勝ち越し点を上げられず、何とか粘って10-13で折り返した関学だった。だが、後半にはシュートミスなど攻めきれない場面が目立ちだすと一気に点差を広げられてしまい20-27。今年の総合関関戦は敗北に終わった。

試合後のコメント
副将林貴之(経4)「前半は食らいつくが、我慢しないといけないところで踏ん張り切れなかった。ディフェンスは悪くはなかったが、最後の最後で結局シュートを打たれてしまった」

37kkgamehandball-m.jpg

このページの先頭へ