141123%E5%A5%B3%E3%83%8F%E3%83%B3.JPG
<写真・試合後、笑顔を見せる4年生たち>

 11月23日、岐阜県で愛ドームにて、平成26年度全日本学生ハンドボール選手権大会が行われ、17‐20で福岡大に敗れた。
 櫻井(教4)のシュートが決まるなど互角の戦いになった試合序盤。しかし、ミスから逆速攻を許すと徐々に点差をつけられ、5ー13で前半を折り返す。後半はディフェンスから流れを作り終始関学ペース。森口(教1)のロングシュートが連続で決まり追い上げを見せるも、17‐20で敗れ、インカレ2回戦敗退となった。
 また、今試合で4年生は引退となった。

試合後のコメント
主将櫻井友美「前半はぼろぼろだったけど、後半は力を出し切れたと思う。インカレは後輩たちが連れてきてくれた舞台。よくやってくれた。次の代はもっと強くなれる。インカレ常連校になってもらいたい」

141123hand-w.jpg

このページの先頭へ