150419%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・今試合6得点を挙げた田代>

 4月19日、大阪府・関西福祉科学大学にて関西学生ハンドボール春季リーグ戦・龍大戦が行われ、関学は32ー18で大勝。リーグ戦成績を2勝2敗の五分に戻した。
 前日の敗戦の鬱憤(うっぷん)を晴らすかのような得点ラッシュだった。前半の立ち上がりにディフェンスの甘さから失点を許すも、岩永(国2)のサイドシュートや森口(教2)のロングシュートが決まり点差を広げる。
 4点リードで前半を折り返すと、後半はさらに攻撃の勢いが加速。16点差で圧勝しリーグ戦の連敗を2で止めた。次戦は4月25日、大阪府・桃山学院大学にて天理大と対戦する。

試合後のコメント
主将宮里寿恵(文4)「立ち上がりに自分たちのディフェンスの甘さが出た。相手にやられたのではなく、関学のミスでの失点。速攻に関しては、シュートで終わることができていたので良かった。次戦の天理大は練習試合もよくする相手。今日と同じくらい走って、自分たちの流れを作りたい」

このページの先頭へ