150502%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・ロングシュートを武器に6得点を挙げた森口>

 5月2日、大阪府岸和田総合体育館にて関西学生ハンドボール春季リーグ戦・福科大戦(第7戦)が行われ、関学は23ー16で勝利した。
 ゴールデンウィーク初日を勝利で飾った。前半立ち上がりに森口(教2)、岩永(国2)がゴールを決めるも、その後はロースコアの展開に。8ー3で迎えた後半も点差をしっかりとキープした。7点差をつけて勝利し、これでリーグ戦成績は4勝3敗となった。
 次戦は4日、大阪府関西福祉科学大学で関大と対戦する。

試合後のコメント
主将宮里寿枝(文4)「オフェンスではノーマークの場面で決めることができなかったり、ディフェンスでは相手のミスに救われた部分があった。次戦の関大は一人一人の能力が高い。だからこそ、ディフェンスで粘って、思い切ったシュートを継続して打てるようにしていきたい」

このページの先頭へ