IMG_6509.jpg
<写真・後半、リーグ戦初出場を果たし、好セーブを見せた原(経1)>

 4月30日、京都府太陽が丘体育館にて平成28年度関西学生ハンドボール春季リーグ戦第5戦が行われ、関学は大体大に11ー38で敗北した。
 関学は前半1分に田代(文4)のゴールで先制。しかし、その後は相手のペースで試合が進み7ー21で前半を終える。続く後半も立ち上がりから6連続失点を喫すなど、相手の勢いを止められず11ー38と今季ワーストの失点数で完敗。これでリーグ戦成績は1勝4敗となった。次戦はあす、京都府太陽が丘体育館で龍大戦が行われる。

試合後のコメント
主将伊藤真弓(人4)「(インカレ3連覇中の大体大に)格上相手でもやることは同じだが、結局いつもと同じ反省だった。前半戦出た明確な課題を見直す。明日からは絶対に負けられない」

このページの先頭へ