20170429%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・7連続得点の1発目を決めた岩永>

 4月29日、関西福祉科学大学にて関西学生春季リーグ第5戦が行われ、龍大に27ー14で勝利した。
 前半1分に、河村(社3)が先制点を決めると、それに続き佐分(教1)が2連続得点を決めチームを勢いづけた。しかし、龍大も負けじと得点を重ね前半は11ー8と接戦になった。続く後半、逃げ切りたい関学は相手の守備に翻弄されるも後半13分、岩永(国4)を筆頭に河村、鳥山(社1)の3人で7連続得点を決め、一気に引き離した。そして27ー14で勝利し、春季リーグ2勝目となった。
 次戦は5月3日、武庫川女子大学第3体育館にて、春季リーグ第6戦(対大体大)が行われる。

試合後のコメント
森口結衣主将(教4)「シュートできるところでパスをしてしまったり、自分たちのだめなところが出てしまった。次につながるような試合内容にしないといけない。次は大体大で格上だが、あきらめずにチャレンジ精神を持って臨む」

このページの先頭へ