20141105%E9%A6%AC%E8%A1%93.jpg
<写真・主将としてこの1年間チームを引っ張った林>

 11月3~5日、三木ホースランドパークにて第57回全日本学生賞典馬場馬術競技大会及び第57回全日本学生賞典総合馬術競技大会が行われた。馬場馬術大会では稲川(経3)×月夢組が11位で惜しくも予選敗退。総合馬術大会では関西勢トップの団体5位、個人では小林(法4)×月雅組の9位が最高となった。なお今大会で4年生は引退。昨年の総合馬術大会6位の成績を上回り、有終の美を飾った。

試合後のコメント
主将林伸也(経4)「今大会は慣れ親しんだ三木での開催だったが、力みから普段しないミスをしてしまった。素直に悔しい。まだまだやりたい気持ちはあるが、チームメイトが自分の持てる力を発揮し、昨年の順位を越えることができたので主将としては安心している。この1年で大学から競技を始めた初心者でも結果を残すことができることを証明できた。後輩たちには次こそは関東を倒してほしい」
総合馬術大会で関学トップの9位となった小林「1年生の時から憧れていた月雅とベストの記録が残せた。今まで自分のやってきたことを全部出せたと思う。馬術部に入ってたくさんの出会いがあった。入部して本当によかった」

141105horce.jpg

このページの先頭へ