11月3日、関大アイスアリーナにて第60回関西学生アイスホッケーリーグ戦プレーオフが行われ、関学は関大に2-7で敗れた。予選リーグ1位の関大を相手に必死に食らい付き、第1P(ピリオド)は0-1で終える。続く第2P、FW夏野(社4)が1点を返すも点差は縮まらない。第3Pでもさらに失点重ねるが、夏野が意地の一発を決め、2-7で試合を終えた。

試合後のコメント
主将・夏野卓也「守備は少しずつ良くなっている。しかし、まだまだ関学の目指すホッケーが出来てないので、今後の練習でレベルアップを図っていく。次の立命大戦では足をしっかり動かして、絶対に勝つ」

このページの先頭へ