20141127%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%9B%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・今季初めて同大相手に得点を決めた千徳>

 11月27日、関西大学アイスアリーナにて第61回関西学生アイスホッケーリーグ戦決勝リーグが行われ、関学は予選2位の同大と対決し、2‐5で敗れた。
 第2P(ピリオド)、FW千徳(経3)がゴールを決め1点差に縮めるも、その後さらに得点を許す。1‐4で迎えた最終P、ゲームキャプテンFW髙橋(社4)が得点し、チームに勢いをもたらすが、点差を縮めることができず2‐5で同大に敗北した。

  1P 2P 3P
関学 0(10) 1(14) 1(18) 2(42)
同大 2(19) 2(12) 1(12) 5(33)
(カッコ内)はシュート数

試合後コメント
FW千徳那稚「今季リーグ戦では同大にだけ得点を奪えていなかったので、決勝リーグで得点できてよかった。自分なりにチームの状況を見ながら、プレーしていたが、チームの力につながらなかった。次戦は決勝リーグ最終戦。インカレにつながる大事な試合になるので、自分のできることをしっかりしたい」

このページの先頭へ