150306%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E9%83%A8.jpg
<写真・パックを奪いシュートを狙う吉澤>

 3月6日、関西大学アイスアリーナにおいて、第31回西日本アイスホッケー選手権大会1回戦が行われ、香川アイスフェローズに4-5で敗れた。
 幹部交代して初めての公式戦だった今大会。第1P(ピリオド)、昨年2位の香川アイスフェローズを相手に先制点を奪う。第2PではFW永井亨樹(文2)が開始10秒で得点するが、連続得点を許し、最終Pでもリードを取り返せず1回戦敗退となった。

  1P 2P 3P
関学 1(12) 2(19) 1(9) 4(40)
香川 1(19) 3(10) 1(12) 5(41)
(カッコ内)はシュート数


試合後のコメント
主将DF吉澤雄大(社3)「結果的には負けたが、みんなよく走ってくれていた。副将の2人も声かけをよくしてくれた。4月の県内大会に向け、技術より基礎体力をつけ直したい」
開始10秒でゴールを決めたFW永井亨樹「良いパスが来て、そ のチャンスをうまく決められた。だが、リードされたときにも走れていれば勝てた試合だった。県内大会までに足りない部分を補いたい」

このページの先頭へ