150929%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%9B%E3%83%83%E3%82%B1%E3%83%BC%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・得点を決めたFW千徳>

 9月29日、関西大学アイスアリーナにて第62回関西学生アイスホッケーリーグ戦第3戦が行われ、関学は1-8で関大に敗北した。
 第1P(ピリオド)強敵関大に攻めの守りで失点を2に抑える。第2Pでは開始直後にFW千徳(経4)が独走でシュートを決め、1得点を挙げた。しかしその後、関大の攻めに対応しきれず、第2P、第3Pともに連続失点を喫し、1-8で今季リーグ戦初の黒星となった。

  1P 2P 3P
関学 0(5) 1(10) 0(10) 1(25)
関大 2(18) 3(20) 3(13) 8(51)
(カッコ内)はシュート数

試合後のコメント
1得点を挙げたFW千徳那稚「失点パターンやマークミスなど、春から進歩のない試合だった。点に対する意識は持っていたが、勝ちにつながる得点ではなかったので心から喜べない。次戦(対京産大)は毎年競り合う試合。各々のミスをなくして、完勝したい」

このページの先頭へ